まいど!おおきに!

【おすすめ映画61】頭からっぽにして観れるアクション洋画6選

  • 11月 7, 2021
  • 3月 13, 2022
  • 洋画
  • 3view

今回ご紹介する作品は【アルティメット】【アルティメット2 マッスル・ネバー・ダイ】【21ブリッジ】【ハードコア】【モータルコンバット】【ナイスガイズ!】の6作品をネタバレしない程度に紹介します

ストーリーはあってないようなガチガチの脳筋アクションからストーリーもおざなりになっていない作品まで色々とご用意しました。

【アルティメット】(2004)

評価3.7 おすすめ度82

  上映時間:85分

監督:ピエール・モレル 脚本:リュック・ベッソン、ビビ・ナセリ

出演者:シリル・ラファエリ、ダヴィッド・ベル、トニー・ダマリオ、ビビ・ナセリ、ダニー・ヴェリッシモ、François Chattot、Nicolas Woirion、パトリック・オリヴァー、サミール・ゲスミ

ストーリー

パリのバンリュー13地区は、無法地帯と化していた。さらに、地区の支配者タハによって同地に時限爆弾が持ち込まれたことが発覚。妹を彼にさらわれたレイトと潜入捜査官ダミアンはタッグを組み、24時間以内に爆発する爆弾解除に乗り出すが…。

解説

スタントマンのシリル・ラファエリと、パルクールの創始者ダヴィッド・ベルがダブル主演のリュック・ベッソン製単純明快パルクールアクション映画。

この作品の売りは何といっても、出し惜しみなく注ぎ込まれたスタント、CG、ワイヤーなしの超絶立体アクションです。冒頭からいきなりマンション、雑居ビルを舞台にした縦横無尽のパルクール追いかけっこで既にこちらの心をガッチリ掴んできます。最後まで超洗練されたアクション、そして戦闘シーンの連続で飽きずに楽しめると思います。

魅せたいものはただ一つと言わんばかりの力強い意思で徹底的に削ぎ落して90分弱とコンパクトに物語を凝縮し、シンプルに素材の味だけで勝負してくる骨太さと潔さ、かといってストーリー自体がおざなりになるわけでは決してなく、スカッとした最高の後味で幕を引いてくれる、とても気持ちの良いエンターテインメント・アクション映画です。

【アルティメット2 マッスル・ネバー・ダイ】(2009)

評価3.6 おすすめ度81

  上映時間:101分

監督:パトリック・アレサンドラン 脚本:リュック・ベッソン

出演者:シリル・ラファエリ、ダヴィッド・ベル、ダニエル・デュヴァル、フィリップ・トレトン、エロディ・ユン、MC・ジャン・ギャブ’1、ジェームズ・ディアノ、ラ・フイヌ、ファブリス・フェルツジンガー

【アルティメット】の続編

ストーリー

治安悪化の一途をたどるパリ・バンリュー13地区で、警官射殺事件が発生。これを機に政府は地区の一掃を掲げるが、レイトはそこに陰謀を嗅ぎつける。彼は無実の罪で投獄されていた潜入捜査官ダミアンを脱獄させ、再び地区のために戦いを挑むのだが…。

解説

パリの13区を舞台に蔓延るギャングと警察の構想を描く…だけじゃないリュック・ベッソン監督の隠れた人気作の第二弾。

ストーリーは前作から3年後を舞台にアクションシーンが減りましたがスケール感はアップしています。前作同様、ストーリーは二の次でアクションとパルクールを楽しむ作品ですが、相変わらずの迫力あるアクションシーンで観ていて飽きません。ダヴィッド・ベルのパルクールは見せ場として引き続き踏襲しつつもシリル・ラファエリの散打も磨きがかかっています。主役二人の共闘シーンは相変わらず息ピッタリのコンビネーションも最高にカッコいいです。

ビルからビルへ飛び移る逃走シーンや変則的なアクション、エスニックな音楽、個性的な仲間達など見どころ大盛りな作品です。

【21ブリッジ】(2019)

評価3.7 おすすめ度83

  上映時間:99分

監督:ブライアン・カーク 脚本:アダム・マービス、マシュー・マイケル・カーナハン

出演者:チャドウィック・ボーズマン、シエナ・ミラー、テイラー・キッチュ、J・K・シモンズ、ステファン・ジェームス、キース・デヴィッド、ジェイミー・ヌーマン、ヴィクトリア・カルタヘナ

ストーリー

ニューヨーク市警(NYPD)の殺人課に所属するアンドレ刑事は、警官だった亡き父親への想いを胸に、職務にいそしんでいた。そんな折、真夜中に強盗犯が警官を殺害し、逃亡。NYPD85分署の警官たちとアンドレはマンハッタン島を完全封鎖し、犯人を追うが…。

解説

【ブラックパンサー】のチャドウィック・ボーズマンが主演&共同製作を務めた刑事アクション。劇場公開映画としては、今作が遺作となる。

夜更けに発生した強盗殺人事件の容疑者を確保するためにマンハッタン島に架かる21基の橋を全て閉鎖。街が目を覚まし人々が動き始める夜明けまでの限られた時間内という、気ばかりが焦り、張り詰める緊張感の中で主人公アンドレが真相に近づいていく過程がスリリングに描かれています。夜更けの街の静寂を切り裂くような乾いた銃声、激しいカーアクションなども生々しいです。冒頭から緊迫感あり展開に疾走感もありますが、展開や結末はある程度読めるので、目新しさこそないですが、見応えはあります。

派手さはないですが硬派で骨太なストーリーも楽しめ、出演陣の演技力の高さ、特に手術や化学療法の合間に撮影が行われたチャドウィック・ボーズマンの死を間近に控えた名演技も見どころな作品です。

【ハードコア】(2016)

評価3.5 おすすめ度80

  上映時間:96分

監督:イルヤ・ナイシュラー 脚本:イルヤ・ナイシュラー

出演者:シャールト・コプリー、ヘイリー・ベネット、ダニーラ・コズロフスキー、イルヤ・ナイシュラー、サイラス・アーノルド、ダリヤ・カルシャ、ウィル・スチュワート、ジェイク・カルレン、アンドレイ・デメンティエフ

ストーリー

見知らぬ研究施設で目を覚ましたヘンリー。科学者である妻・エステルは、彼が大事故で絶命し、サイボーグ化することで蘇ったと告げる。だがそこに謎の組織を率いる男・エイカンが乱入。エステルを連れ去ってしまう。ヘンリーは妻を救うべく立ち上がるが…。

解説

初の全編一人称視点で作られた斬新な映画作品。近未来を舞台に繰り広げられるSFアクション。三半規管が弱い人にはオススメできません。

全編主人公の視点の映画で、まるでVRを見ているような、ゲームをプレイしているような、アトラクションに乗っているような不思議な感覚です。改造サイボーグの主人公、自身のクローン人間を操ってサポートする相棒、主人公と同じスペックのサイボーグ軍団、謎の超能力を使う敵のボス。良い意味で、とっ散らかったFPSゲームのような映画で、姿が映らない上に喋らない主人公の感情や行動を巧みに描いているのが面白いです。

ストーリーはあってないようなものですが、一人称視点によるスピード感溢れる展開にパルクールとガンアクション、どのようにして撮られているのか不思議になるシーンの連続、クイーンの楽曲を始めとしたノリノリの劇伴で、高揚感と未体験映像が堪能できる作品です。

【モータルコンバット】(2021)

評価3.6 おすすめ度82

  上映時間:110分

監督:Simon McQuoid 脚本:Greg Russo

出演者:ルイス・タン、ジャシカ・マクナミー、ジョッシュ・ローソン、ジョー・タスリム、メカード・ブルックス、浅野忠信、真田広之、ルディ・リン、シシィ・ストリンガー、チン・ハン、ローラ・ブレント、マチルダ・キンバー

ストーリー

自らの生い立ちを知らず、金のために戦う総合格闘技選手・コールは、魔界最強の刺客、サブ・ゼロに命を狙われる。家族の危険を懸念し、地球の守護者・ライデンの寺院を訪れたコールは、世界の命運を懸けた格闘トーナメント・モータルコンバットの存在を知る。

解説

グロテスクな描写で有名なゲームシリーズを実写映画化したアクション作品。

ゲーム原作の映画化の際は、最低限の世界観の説明や説得力が必要ですが、この映画はそれらを割愛。魔界と人間界の生き残りをかけた単純明快なアクションムービーで「考えるな、感じろ!」的なスタイルの映画は人は選びそうですが、浅野忠信もTwitterで言っていました「何も考えないで観ろ」笑笑。ハリウッド映画としてはおそらくB級ですし、話はゆるいしアメリカ人俳優で有名な人は出てないですが、アジア出身の俳優さんたちは実に華があり、アクションもカッコ良くて見どころだと思います。

浅野忠信や真田広之がメインキャストで活躍していて特に真田広之はアクションシーンも楽しめ、ストーリーはあってないようなものですが、アクションだけは一級、何も考えなくてすむアクション映画を観たい時にはこの映画って感じの作品です。

【ナイスガイズ!】(2016)

評価3.7 おすすめ度83

  上映時間:116分

監督:シェーン・ブラック 脚本:シェーン・ブラック

出演者:ラッセル・クロウ、ライアン・ゴズリング、アンガーリー・ライス、マット・ボマー、マーガレット・クアリー、キム・ベイシンガー、ジャック・キルマー、タイ・シンプキンス、キース・デヴィッド、イヴォンヌ・ジーマ、ヤヤ・ダコスタ、ボー・ナップ、レイチェル・ブルック・スミス、ゲイリー・ウィークス

ストーリー

シングルファーザーで酒浸りの私立探偵・マーチは、腕力で揉め事を解決する示談屋・ヒーリーに強引に相棒にされ、失踪した少女を捜索する羽目に。そこにマーチの娘・ホリーが加わり、やがて3人はアメリカ国家を揺るがす巨大な陰謀に巻き込まれていく。

解説

70年代舞台のノワール風バディコメディ。

ラッセル・クロウの示談屋、ライアン・ゴズリングの探偵、探偵の娘がアンガーリー・ライス、主人公サイドの3人の掛け合いが楽しいコメディ色の強いアクション映画。二大俳優の個性的な演技が観られる映画でもあり、ストーリーも明るくハチャメチャで面白く、オープニングのビックリ展開からの飽きさせないテンポ、それでいながらストーリーはちゃんとしていて、全体的にただよう70s特有の感じも良い作品。シリアスな場面でボケまくり、息抜きの時間帯に突然人が死ぬ、徹頭徹尾はずしの演出もお見事です。

ユーモアセンスは抜群でコメディ要素もあり、脚本もミステリーとしてそれなりに楽しめ、サスペンス感もアクションもあって娯楽性は十分な最後まで飽きずに観れる作品です。

まとめ(評価とおすすめ度)

タイトル評価おすすめ度
【アルティメット】3.782
【アルティメット2 マッスル・ネバー・ダイ】3.681
【21ブリッジ】3.783
【ハードコア】3.580
【モータルコンバット】3.682
【ナイスガイズ!】3.783

アクションが苦手な方でも【21ブリッジ】【ナイスガイズ!】は全然観れると思います。

※無料で映画を観たい方⇒詳細はコチラ

関連記事

私が最初、動画配信サービスを利用しだしたのはアニメを観たいと思ったからです。月額が1026円と安いHulu(フールー)を利用してみて数か月、国内事業が日本テレビに買収されたこともあり、アニメだけじゃなくドラマやバラエティー番組など、比較的[…]

最新情報をチェックしよう!